アーシングしながら寝たら宙に浮いた感じでエーテル体が貯まらないかも

グルジュフの水素論




最近読んでる本はホメオパシーやバッチフラワーレメディです。

で、フラワーレメディを開発したバッチさんは医者であり細菌学者だったのですが、完成した1930年代当時でも現代の西洋医学をアロパシーとして非難しています。

ホメオパシーを作ったサミュエル・ハーネマンもですかね。

アロパシー(逆症療法)=発熱を抑える、高血圧を抑える

ホメオパシー(同種療法)=その病気や症状を起こしうる物質を薄めて使用し、人体と共鳴させ、自然治癒力に任せる

最近は風邪時の発熱は免疫力を高めることがわかっていたり、抗生物質が腸内細菌の多様性を破壊したり、切って貼ってで今までの習慣を変化させないで病気が治ることはおかしいと思う人が増えたんじゃないでしょうか。

でーも、ホメオパシーまでいくとやっぱり怪しいですよね。

レメディ作りは原物質の希釈を繰り返すほど効果が高くなるそうですが、最終的なレメディには原成分は1分子も残っていない可能性が高いので、現代的に考えてみんなふにゃーーてなるんじゃないですか。

Wikipediadでもhホメオパシーは、けちょんけちょんであります。

まあこれは現代医学が儲けるために「ほかの医療は代替療法で効果ありませんよ、」と宣伝しているのと頭が固い人が同調しているだけですが。

医療で儲けている人たちにとって患者はたくさんいた方がよく、簡単に安価に治ってもらってはこまるのですね。

本を読むとバッチさんはフラワーレメディで肉体的病気まで治してたみたいですが、私は特に感情問題、ブロック外しとかをレメディでやるのはいいと思います。

なので研究する予定。肉体問題はくじら整体の脳幹整体のみで十分だと思う。

動物磁気、エータル体、電磁波領域のH96とアーシングシーツ

レメディも波動上の、グルジェフ水素の動物磁気H96領域に作用するものだと思いますが、先日アーシングマットを買いました

現代は周りは電磁波を発するスマホ、パソコン、レンジなどに囲まれ、また現代人は裸足で大地に立つこともないので静電気がたまって体に良くないそうです。

電気で腹筋を鍛える器具がありますし、くじら整体でも肉弾戦でやる場合は体内電気をリセットするためにアースをとります。

なので何かしらの影響はあるはず。

アーシングシーツを使って寝た感想ですが、以下二点。

・異次元で寝ているような感じがする

・エネルギーが貯まってない、エネルギーに厚みがない気がする

アーシングシーツで寝たら家の空間情報がなくなり宙に浮く

異次元で寝ているような感じとは、家の中には家具、家電があり頭を向けている方が普通はわかりますが、その情報が消えて宙に浮いているような感じなのです。

脳幹が生命の源であると定義したカイロプラクティックのB.J.パーマー先生の研究でも面白い報告があります。

ーーーー引用開始ーーーーーー

われわれが証明した奇妙な発見の一つは、東西方向に眠るのは南北方向に眠るより19倍ものエネルギーを要するという事実たった。

その理由は簡単だった。

眠っている人を二つのやり方でテストすることによって、眠っている人の頭を東西の線上に置くと、その人の身体を貫く南北両極の電磁波に、交差的な流れの衝突が起こることをわれわれは証明した。

「われらの傑作」より

ーーーー引用終わりーーーー

眠る方向が健康に影響を与えるという報告で、このような地球規模の電磁波は薄く広く地球を覆いアーシングマットで除去とはいかないでしょうが、家の空間情報を与えるテレビなどの機器の電磁波はアーシングされて、渡り鳥が磁場をたよりに飛ぶように周りの情報が消えてしまい、異空間を感じるのはおかしくない気がします。

動物磁気を提唱したメスメルも患者の病変部位の上に磁石をかざすと病気が治る場合が少なからずあることに気が付いたと言ってますので、磁気関係が人体に影響を与えるのは確かでしょう。

アーシングしながら寝るとエーテル体が貯まらずリセットされる感覚がある

もう1つがエネルギーが貯まってない問題ですが、グルジェフの水素論では気功やエーテル体、電磁波などはすべてH96で表されます。

つまり人間の生命力であるエーテル体と電磁波は似た性質があるので、電磁波を取り除くマットの上で寝るとエーテル体の蓄積も除去されるのか?

人が眠って元気になるのは眠っている間にエーテル体を補充しているからという説もありまして、現状アーシングマットで寝て日常に支障がでるとは思いませんが、エネルギーが貯まってない、昨日からのエネルギー蓄積がないなという感じで、サラッとしたすっきり目覚めになります。

エーテル体の粘着した重さがない。

アーシングマットは夢にも影響がありそうな気がしていて、最初の数日は夢がまっとく覚えられてなかったのですが、ここ数日はちゃんと取れている。

内容等に変化がないか、まだ要研究です。

フラワーレメディや脳幹を活性化するくじら整体、電磁波や気功、動物磁気が作用するのはこのH96領域で、ここが見える人と見えない人がいます。

フラワーレメディのバッチさんはエッセンスを自己に投与し、身体変化を観察しながら花の効果を解明したそうですが、バッチさんも見える人だったようです。

ーーーー引用開始ーーーーーー

バッチ博士の微細エネルギーに対する感受性は極めて鋭く、花びらから流れ落ちる朝露のしずくが唇にふれた瞬間、その花の潜在的な治療効果が実感できるほどだった。

また、かれは特定の花の前に立つと、そのフラワー・エッセンスが癒しの効果を発揮するすべての身体症状や感情的状態を体験することができた。

バイブレーションメデョスンより

ーーーー引用終わりーーーーー

何かのエネルギーが来てるとかはわかるんですが、詳細が現状わからんのでもっと微細に分類できる能力が重要な気がしていて、一番手っ取り早いのが水晶視のマスターだと思い練習してるんですが、まだできないのです。