電磁波防御と波動具とアンタリオン転換

くじら整体




今年の2月に師匠整体から電磁波防御の波動具が届いた。

電磁波防御と波動具いろいろ

写真の銀色のパッチのものが電磁波防御の波動具で、着けたら筋肉の緊張がとれた。

筋肉の緊張の怖い所は自分では気づけないところ。

過緊張しててもそれが毎日続けばそれが平常で、基準値だと誤認する。

で私は骨が動いている不安定な時期に仕事で重いものを毎日持っていたので、緊張がとれなくなっていた模様。

それをこの波動具を着けたら、気づけた。

素晴らしや。

電磁波で筋肉が緊張したり、その人の本来の状態がマスキングされたりして、その人の根本状態が暴露されないので、整体時というか日常でも電磁波は対策した方がよさそう。

カイロプラクティックの創始者の息子で、上部頸椎のスペシフィックカイロを生んだB.J.パーマーも言ってるので、1900年代前半から研究はされている話し。

ほかの青いのはデトックスの波動具で赤いのは病原菌滅殺。

デットックスを着けた際の変化はよくわからなかったが、病原菌の方は変化あり。

おそらく歯の治療の失敗??で口内に変な菌(詰め物の下の歯茎の腫れ)がいたのと、昔アイソレーションタンクにいりびたって皮膚常在菌のバランスが著しく崩したのが原因だと思う。

波動具をつけたら悪寒がしたり腹を下したり(公転反応)、そして歯茎の腫れはひいていって、イネイト・インテリジェンス(自然治癒力)が流れやすくなったのか、顔面の骨の矯正の動きが激しくなった。

私が師匠やくじら整体の脳幹活性(上部頸椎)療法に全幅の信頼を寄せるのは、変化が体感できるし、なんと言っても肌がピチピチになるからである。

過去に肌がピチピチになったと思えるのは3つで、姿勢変化が起こるレベルの脳幹療法(頸椎と頭蓋骨が動いて脳脊髄液が流れやすくなるためか)と断食とビタミンCのオーバードースだけです。

スーパーフードや健康食品、どんな高い飯食っても肌はピチピチにならないと思うが、この3つはなった。

ほかに肌がピチピチになる方法を知っている人がいたら、情報を提供願いたい。

宇宙と地球の隙間を埋める波動具作成とアンタリオン転換

松村潔氏は太陽グリッドと惑星グリッドの間には溝があるのでアンタリオン転換が必要だと言うが、師匠のアンタリオン転換は波動具作成である。

私も低次エーテル体の使い手だと思うし、道具で病気が減ると確信しているのでいつか師匠に辿り着きたい。

マツキヨ氏は他人の夢を見てその人の本性(恒星)を理解しアドバイスなどするので、私は以前彼を設計士と呼んでいた。

多次元の宇宙を認識し、だいぶ上のほうからその地図が書ける彼のアンタリオン転換は、宇宙の設計士ではないか。

ユングのアンタリオン転換は原型、エドワード・バッチの転換はフラワーレメディ。

まあ、みんな宇宙人である。

って、アンタリオン転換の定義はこんなのであってるのかな?

ーーーーー

Facebookグループで遠隔治療、くじら整体温泉保養所をやっています。

挨拶などはなくてよく「どこどこが痛いので、お願いします」だけでOK。

効果はまあある。今のところ無料でやってます。

くじら整体温泉保養所