過集中して原因の世界に触れたら、エネルギー敏感体質に変化した夢舎事件

くじら整体




私は2019年3~9月、松村先生の夢から力を引き出す講座(夢舎)中で、異常な体験をしていたと思う。

「異常って何なの?」と思われそうだが、夢舎前と後を比べると以下のような変化が私にあります。

●エネルギーに敏感な体質になる

●エーテル体を調節するくじら整体が完成

●現在も何らかのエネルギー体が私を触っていて、異様に眠くなる

●人に触れただけで脳幹活性ヒーリングが始まる

●クンダリニーエネルギーが一瞬であげられるスーパーサイヤ人期間が少しあった

「誇大妄想ムゴイね。頭ヤバイね」と思われそうだが、本当だからしょーがない。

で、現在「松村潔の日記4」を読んでいたら、その異常事態について先生が書いていた。

異常事態は集中が突き抜けて、異次元を呼んだ結果だそうです。

過集中して原因の世界に触れると、人外魔境の側からいろんなものがなだれ込んでくる

それではまずは、長いですが引用を。

ーーーー引用開始ーーーーーー

いろんなレベルの意識が同時に働いている人間意識の状態の中で、瞑想というのは、おそらく中心の回廊というか、上層の無の意識から、より具体的なレベルの意識にまで通路をつけることだと思います。

いくつかの意識の働きが連結されて働いている人間にとって、創造性を発揮するというのは、原因的なものから、結果に至るまで、自由に行き来できればいいんでよね。

とらわれたイメージから脱出して、いったりきたり、できれば、その過程の中で、創造性というのは、自然発生的に生じてきますね。

考えるのではなく、それはやってくるわけですね。

~ 中略~

一度テーマにとことん集中しなくてはならない。で、そこでセッティングが終わる。

そのあと、意識はこのテーマに拘束されたところから、まっすぐにもっと楽な解放されたところへ逃げようとする。その奇跡を逆にたどると、「無、原因、セッティングされたテーマの現場」まで、まっすぐの道がつきます。

これはそのテーマに対する創造的な解決ということの鍵を手に入れられやすい状況です。

ともかく、テーマに対して、徹底して、とことん集中するのが鍵です。

わたしはこれをすり込み技法としてよく使いました。一度徹底して集中すると、そのあと、できるかぎり忘れる必要があります。

というのも、忘れないと、意識的な意識は、テーマやその周辺のことを「監視」するからです。

している間は、自分が拘束されている意識状態から一歩も抜け出すことがないので、未知の知識はやってこないのです。病気になるくらい、吐くくらい集中する。

これができないと、きっと創造的な解決もしにくいでしょう。

われわれの意識には、ある種の安全フィールドみたいなものがあって、それを踏み越えようとすると、警報機が鳴ります。

興味を失うとか、疑うとか、眠たくなるとか、逸らすとか。

で、テーマに対する集中をしすぎると、この安全フィールドの枠を超えてしまいそうな段階があって、この時にたいてい断念するんですね。

しかしここで断念すると、この守られフィールドの中にある「既知の範囲の知識」しか手に入りません。

興味を集中させると、何か形勢が逆転するんです。

感覚的な言い方をすると、「わたしがそれに興味を抱いている」というのが、「その興味が、わたしを存在させている」というような、主客逆転です

フィールドの外に、種を植え付けるというか、フィールドの壁を破ってしまえば、心身のバランスが著しく損傷します。

しかし、その後、知識が、未知のそれがやってきます。息もできないくらい興奮します。

この意識の壁を破るというのは、どうもわたしは体験的に小さい頃から、ならい覚えた特技です。中学生の頃から、集中しすぎた結果気を失う体験を何度もしました。あるいは指先から血がニジミはじめるのです。

それから、二十代のはじめ頃には、食べ物がなくて、餓死しかけたことがありますが、その時に、わたしは放置していたのですね。

すると、その段階から、環境が急に動き始めるのですね。

死にそうな時に対策を立てないで、放置していると、環境が「はあ、しようがない奴だ」とあきらめていろんな出来事を引き寄せてくるのです。そういうわけで、わたしは生きています。

これは壁との根比べです。

そして、こういう壁を破ることを、ならい覚えてしまい、習慣化してしまうと、人外魔境の魔力にとりつかれます。

というのも、日常的な生活の範囲、すなわちフィールドに守られた状況の中では、いかなる刺激も、空虚で、退屈で、まあてきとうな程度の、ぬるま湯的な感動しか与えてくれないです。

最近は、そういうことを続けるのも、習得しましたが。

それはともかく、壁を破る瞬間、それからむこうの世界とつながる時の、異常な、口でいいあらわすことのできない「妖しさ」は捨てがたいものとなるのですね。

なんとも言い難い力がでてくるのです。これがその人を人外魔境の生き物にしてゆきます。

~中略~

世の中には因果応報があるので、こういう人外魔境と接続し、それと触れる時の妖しい妖しいパワーのうま味にとりつかれると、必然的に受ける被害があります。

それは、「安全に眠れない」ということです。

人外魔境と接続すれば、反対に、それは人外魔境の側から、いろんなものがなだれ込んでくるということなのです。悩み事や苦痛や、激動みたいなものは人よりはるかに激しくなります。

フィールドの外にでたということは、もう安全装置は設定できないよ、という意味なのです。

だから、ボケられないのです。ボケたりすると、あるいは怠慢になったりすると、人よりひどいことになります。

それと、定期的に、壁を破りたくなります。意味もなく。

なにかふつうの意味で、うまくいってる事態が続くと、いらついて、どこかで、どんと壊したくなるんですね。異常な状態にしたくなる。

人間が生まれ変わりを信じたいのも、この人外魔境に溶けずに、死後も「これまであった価値観が、信じられるように繋ぐ」ロープなんですね。

ーーーー引用終わりーーーーーー

「壁を破ってしまえば、心身のバランスが著しく壊す。人外魔境と接続すれば、反対にいろんなものがなだれ込んでくる」ってありますが、マジで情緒不安定はハンパないと思う。

クラシック音楽やちょっとした感動的なテレビとか見ると号泣と言うか、毎日泣いてた日が私にあったんだが。

あと現在もエネルギーが来て眠くなるので日常生活に支障ありなんですが、これを振りほどくことは何をやっても無理なんです、、。

エネルギー敏感体質に変化したくじら整体オープン事件

まず「エネルギーに敏感な体質になる」ですが、夢舎が始まって3ヶ月後ぐらいにくじら整体の原型ができました。

くじら整体とは、くじら整体の存在さんというガイドに瞑想状態でつながって、存在さんに生命の座である脳幹をスイッチオン(活性状態)にしてもらうというものです。

くじら整体のガイドである存在さんは、師匠のガイドでもある

くじら整体の原型と言ったのは、存在さんというガイドは私のガイドではなく師匠のガイドだと思っていて、私の師匠(のお弟子さん達)は瞑想状態ではなく波動具という道具を持った状態で遠隔ヒーリングなどを行っていたからです。

●師匠整体=波動具を持って存在さんとつながる+脳幹のスイッチオンをお願いする(師匠は波道具を自身で作成しているので何でもできます。師匠のお弟子さん達は波動具がないとできない。)

もしくは、波動具を患者さんに近づけて治療(脳幹を活性化)する

 

●くじら整体=瞑想状態で存在さんとつながる+脳幹のスイッチオンをお願いする

つまり、最初は師匠の存在さんと言うガイドに勝手に瞑想状態でアクセスして脳幹を活性化してもらう方法があるんじゃないかと思って実験したら、存在さんは私のガイドでもあるという事が判明したのです。

ガイドを1つの恒星、大天使と見た場合には、違う側面を捉えていると思いますが。

とまあ夢舎内でくじら整体の原型が出来て、Facebookグループの45人にやり方を公開します。

そして誰かが入店しくじら整体を実践してくれると、私にも同時にエネルギーが来たのです。

くじら整体をほかの人たちが実践してくれたら、エネルギー敏感体質に変化した

その時の夢舎内でのコメントは、

くじら
5時ぐらいからご飯を食べている時に身体が熱くなってきまして、なんでだろ、何のエネルギーと思ってました。

それで横になってたら、さらに体が熱くなり背骨や頭蓋骨の調整が自分でやるときよりも強いエネルギーで起こりました。

で原因は、皆さまが整体を受けてくれたからでございます。

現状は体の振動と熱感覚でしか情報を得れませんし、松村先生のように情報が流れることはないようです。私にエネルギーが流れることを拒否してもOKです。

師匠は1日数百人単位でやってらっしゃいますので、情報が来るようであれば分裂症のようになると思いますので。

って、これ単に遠隔ヒーリングなんですね。

師匠整体では、通常遠隔ヒーリングをする際、
①施術者の師匠整体関係者が、存在さんにつながるペンダントを身に付ける。
②患者さんをイメージして「スイッチオン」を唱える
③すると患者、術者両方に脳幹スイッチが入ります。

なので遠隔をすればするほど、施術者の自分にもエネルギーが流れる凄い仕組みです。

よって皆さんもご家族の方等をヒーリングしたい場合、存在さんとつながって誰かを思い、スイッチオンと唱えると、両者にエネルギーが流れます。

さらに言うと、脳幹が活性状態であると、通常の意識状態で波動具なしでもスイッチオンを唱えると、他人の脳幹を活性化させることができるようになります。

くじら整体を公開し、みんなが実践してくれることによって、私にもエネルギーが流れ、その後エネルギーに敏感な体質に変化しました。

その後、起きているときにこのようなエネルギー体が私に来て身体を調節するなど顕在意識状態ですべてが起き、寝ている時のみが安らげる時間に変化したりもしました。

なので夢舎途中から、一切夢探索はやってない。

現実世界が夢のような世界なのに、夢の世界でまた何かやったらそれ以上に異常な世界に突入すると思ったから。

長いので、そのへんの記事は次回ですかね。