肉体と感情と思考の特徴と対面セッション

占星術




「高次エーテル体を調節するアーユスエネルギー療法」と「伊勢神宮の鬼門を守る朝熊山金剛證寺と神の権現である蛇との遭遇」という記事がなぜかブログから消えている。

現状復元不可、、、。

高次エーテル体を調節するアーユスエネルギー療法は、これから売り出したい商品なので重要な記事だったのだが、、、。

てかまたアーユスエネルギーのセミナー?っぽいのに10月11日に参加。

記事にするかは謎です。

そして昨日東京から松山に帰ってきました。

東京生活でハマるのは国会図書館。一日中居て、資料を検索しておりました。

朝夕ともに地方では経験できないまあまあな満員電車、私はいずれ文筆家になりたいので、というか今も文章を書くことは仕事だと思っているので、このように毎日朝から図書館に行って資料を調べて文章を書く生活は理想的だと思いました。

永遠に朝から図書館に通う生活でもいいです。

またまた話は変わり「「世の中絶望講座」の内容と申し込みとか」に書いてますが、私は占星術セッションを対面でやりたい人です。

とか言いつつZoomやskypeでセッションをやるかもしれないんですが。

レター鑑定とかはよっぽど優秀なチャネラー様しかできない気がしていて、占星術を勉強した一般の人がやるレター鑑定、もちろん私もできませんがは、金をどぶに捨てることと同じだと思います。

ではなぜ私が人に実際会って鑑定をしたいかを簡単にご説明を。

肉体と感情と思考を整えて願望を叶える

まず人間を肉体と思考と感情に分類して考えます。

「わかる」の語源が「分ける」と同じ、それは物事がきちんと分離されて明確になることからだそうですが、人間を1つの塊と考えるより肉体と感情と思考に分類して考えた方が、人生に対する対策が立てやすいです。

あなたの肉体は柔軟でしなやかな身体だが、思考が幼稚園児並なので肉体系の仕事にしましょうーとかです。

そして肉体と感情と思考にはそれぞれ特質があります。

まず思考には人生を推進するパワーがないと言っていいです。

ダイエットしようと決意しても、コンビニ行ってスイーツ見たら我慢できない。

これはスイーツを食べたい感情に思考が負けた瞬間です。

この会社給料(物質、肉体の金銭)はいいけど上司のあいつが嫌いだから辞めるとかも感情問題で、感情がもっとも力を持つのではと思います。

それの詳しい本が昔流行った行動経済学の「経済は感情で動く」とかかな。

で、占いやって変わる、少し枠を広げられるのは思考のみじゃないかと思うのです。

私にはこういう特質、こういう未来かも?

しかしそれが長続き、何かしらの行動に移されることが多くあるのだろうかと思います。

そこで私としては占いと同時に物質と感情も動かしたい。

物事が進む、自分の願いが叶っていく人は思考と感情と身体が同期している人で、このような人はなかなかいないですね。

現状わたしも執筆などで生きていきたいと思うけど、それに物質のお金がついてきてないので全然できていません。

タロットの20の審判のチカラを発掘すれば、周りが根負けしてその人の望んだ現実を引き寄せるらしいのですが。

先ほど最も感情がパワーがあるといったけど、例えばあの人が好きという感情を持っていても告白しない人がいます。

どうせ俺みたいな男が、フラレたら恥ずかしいとか思考が肉体的行動を縛っているのかもしれないし、単に両手を骨折していメールが打てないだけかも。

で、思考や感情のブロックを音叉やお香、ヒーリングエッセンスで除去できるし(←まだ道具を買ってないけど)、身体はくじら整体で軽くすれば完璧ではないかと考えるので対面でセッションしたいのです。

くじら整体とかは触りだけの説明なので自力継続してもらわないといけませんし、食生活最悪、運動や歩くこともしないであれば、くじら整体だけで身体は完璧などとは決して言わないですけど。

思考や感情のブロックとれれば、それはその瞬間から変わりますね。

というわけで、人生が動くためには肉体と思考と感情を整えましょうという話でした。