頭蓋骨調節と電磁波対策というか電磁波問題認識、タロットを体感することが重要ではあるまいか。

ニート道・タロット道




 

久々である。

ここまで間があくのは初めて。

ブログを書く気はないわけではないが、進行新月前のせいか、新発見がないせいか、ボケーとしている日常であります。

27年だっけかの進行新月は2022年5月12、1ハウス獅子座19度のハウスボードパーティー。

現在はネイタルの月と水星にトランシットの冥王星、ネイタル火星、土星にスクエアの海王星にトランシットの海王星が絡んでTスクエア時期。

こんなんで日常を規則正しく生活するのは異常だと思うので、ブログが途切れたのもこのせいかもしれんな。

皮膚感は別として顔は高校時代から変化することはない

もうずっとこの話しかしてない気がする。

骨の動く順番として、まずは脳幹の活性化とそれに付随する頸椎1、2番の正常化。

すると頸椎1番と後頭骨の接地面が変化し後頭骨が動き、次に後頭骨に接する蝶形骨、側頭骨、(頭頂骨)が動く。

蝶形骨が動くと前面にある頭蓋骨の骨はすべて動き始めます。

私は1日中頭の中がミシミシ言っている。

正確には朝目覚めたときは頭蓋骨が睡眠の自重で潰れて歪んでいて、背中が痛い、重い、背中の筋肉を紐で縛ったような状態。

それが起きて活動していると調整が始まり頭蓋骨内部から音がし始め、背中の筋肉が緩みます。

そこで食事をとるとまた調整が逆戻りし、背中が鉛みたいになるので、1日1食というか1バイトが良好。

しかし痩せんな、あんど睡眠するとまた重みで頭蓋骨が潰れます。

いまの私の頭の状態はヒビの入ったゆで卵みたいな感じです。

で、たぶんだけど最終的な結論として、人の顔は高校生、あまくすると大学生から皮膚感は別として変化することはない。

歳をとるにつれて顔が少しづつ変化すると思ってましたが、自分がそうだし、実際は変化してるんではなくて、頸椎歪んで、蝶形骨が歪んで中の骨がガチャガチャとなって、骨の隙間があいて顔面がでかくなってただけ。

残念な話である。

で頚椎が矯正されるともちろん全身にも影響し、私の場合O脚なのですが、腿が内旋し、立った時に肛門が締まる、内転筋で立つ感覚が強まるなど姿勢、歩き方の変化、まああとは肌が若返るなど。

みなさん脳幹を活性されたし。

電磁波は防御してくれ

この動画見ると、大腿骨とかに金属とか入れたくないな。。

電磁波は防御したほうがいい。

筋肉が全然違います。

電磁波防御してないと大リーガー強制ギブス(古っ)、10kgの筋肉修行重りをしょってる感覚です。

師匠は天才である。

さあ散財しましょう。『プロテクト』

必要なのはアディオイフ(くじら整体)と電磁波防御とKPMP。

人を運行するチカラ、イネイトインテリジェンス

脳幹の活性=頸椎1、2番の正常化が人間の身体を正常に運行するための要、原因であると考えたのはカイロプラクティックの創始者の息子のB.J.パーマーである。

カイロプラクティックとは日本語で整体ですが、整体で首の骨のみ触る整体なんぞ、日本には数える程しかないのでないか。

この動画がパーマーの施術風景らしいが、首以外も施術している。なぜ??

てかその前に恐ろしすぎるのだが。

この動画を見てマネしようと考える人はいるのか?

パーマーの頚椎理論を実践する流派をホール・イン・ワン・テクニックというが、この流派は流行らないこと間違いなし。

施術が難しいし、肩や腰が痛いと言っても首しか触らない。

しかし私の体感としては本物なのだ。

ほかに何も必要ない。

姿勢が変わって肌がピチピチになる整体、ほかの療法、病院、ワOチンがどこにあるのだ。

パーマーは宇宙を、森羅万象を運行するすべてのチカラをユニバーサルインテリジェンスと呼び、人間にはその小型版のイネイトインテリジェンスがあるという。

そのイネイトインテリジェンスの発生源が脳幹とそれに付随する頚椎1、2番なのだ。

タロットを体感する

タロットはすごい気がしてきた。

誰が考えたのか?

私が唯一恒星に包まれたと思ったのは2019年6月ぐらいなので、もう2年以上経っているのか(涙)(詳しくはこの記事らへん「クンダリニーが抜けたエネルギー的世界と恒星の「発見する、包まれる、なりきる」の三段階の考察、)

その間に変化したのは姿勢や頭蓋骨のみ。

てか宇宙人が全身を改造してるんかいね?

16タワーで恒星に飛んで、次の星では女性は赤い板の上に乗っている。

せっせと瓶から水を流して陸地と水の比率調節をしてらっしゃるようで、つまりこの人は物質世界とエーテル界の両方に生きている。

日常を生きながら、頭蓋骨がエネルギーで調節される世界、その大陸比率調整か。

で、タロットを順番にすべて馴染んでいくことが重要ではないか。

エネルギーで身体が調節されない、くじら整体なんてあるわけないと思えばそれは決して起きないし、これはタロット11の力の認識、思考の問題。

12の吊られた男でエーテル体を発見し、13で断捨離、身体調節、14の節制で気功修行し、15で変人の完成、16タワーで男女に別れた物質世界を見限る、明らかに極めて、もしくは諦めて空に飛ぶ。

肉体と思考と感情の調節。

でいまだに思うのは、ランニングはH24を知るのに最高である、骨がぐじゃぐじゃで数年やってないけど、もうすぐ復活したい。

H24とH48の違いがわかってない人が多いように思う。

恒星は遠い。