月にt冥王星、土星にt海王星、獅子座19度の進行の新月で肉体を海に浮かせる仙人計画

占星術




前回のはるかぜちゃんの記事で月と冥王星の180度は極限体験を引き寄せるということを書きましたが、もうすぐ私のネイタル月にトランシットの冥王星が合になります。

もう冥王星の中年の危機は過ぎまして、そのとき思ったことは世の中嘘だらけ、まあ世の中に絶望したわけですが、今年からは海王星の中年の危機、今後の月に冥王星の合などわたしはどこに飛んでいくのでしょう。

そこでトランシットの主要なアスペクト一覧を出してみます、一応ネイタルのホロも。

・2020年6月〜2022年1月 ネイタル海王星に、トランシット海王星がスクエアで精神ネバーランド状態

・2021年1月〜2021年12月 ネイタル水星に、トランシット冥王星が180度で神経プレッシャー異常拡張状態

・2021年4月〜2022年2月 ネイタル土星に、海王星が180度で、物質体ドロドロ溶解状態

・2022年3月〜2023年1月 ネイタル月に、トランシット冥王星が合で今迄が死んで裏側から何かが溢れてくる状態

・2022年4月〜2023年2月 ネイタル火星に、トランシット海王星が180度で火星に飛んでいくことが趣味状態

上図はきっちり合になった期日ですので、オーブを0.5度とれば水星は今年の3月から既に冥王星と180度に入り、今までの神経を焼き切ってほかの神経経路を使うようになるんですかね。

軸の天体は月と太陽と土星で、太陽は最初から12ハウスですので物質的な現世に興味はありません。

ネイタル月と土星は土のサインで物質主義的ですが、ここにトランスサタニアンの冥王星、海王星がここ3年でアスペクトを作るので、主軸が現世を超えたものを認識しそれを土の元素まで落として解明しようとします。

トランスサタニアンが絡むのでどのように作り替えたいかというと、フラワーレメディのエドワード・バッチ博士の能力から引用すると、

ーーーー引用開始ーーーー

バッチ博士の微細エネルギーに対する感受性は極めて鋭く、花びらから流れ落ちる朝露のしずくが唇にふれた瞬間、その花の潜在的な治療効果が実感できるほどだった。

また、かれは特定の花の前に立つと、そのフラワー・エッセンスが癒しの効果を発揮するすべての身体症状や感情的状態を体験することができた。

バイブレーションメデョスンより

ーーーー引用終わりーーーー

これであります、この能力が欲しい。

なので最近水晶透視練習を再開したし、夢探索はこの世?で一番面白いものだとも思う。

過去に数度だけ水晶の中に映像を見たことがありますが、このようなことを体験すると世の中に対する価値観が変わります。

世の中の父は水晶の中に映像が見えることはないといいますので、水晶視を練習し映像を見ることは父親殺しになり、自分独自の思想を構築しなければいけなくなります。

水晶視もタロット11の力に関係するのですね。

そしてこのような最中、2022年5月12日に今後30年の目標となる進行の新月が1ハウス獅子座19度「ハウスボートパーティ」で起きます。

ハウスボードとは居住型の船のことでもちろん海の上にあり、海は象徴的にエーテル体ですので、エーテル体を足場に活動する。

過集中して原因の世界に触れたら、エネルギー敏感体質に変化した夢舎事件」にも書きましたが、去年からエネルギー的なものが来ていることがわかるようになって、今後のトランシットも考えると何が起こるか自分でもわからない。

たださっきも書いたように意図はあって、波動的なものが識別できるようになりたいし、そのために水晶視や夢の練習をしているのです。

私はネイタル太陽にトランシットの冥王星、天王星がスクエアを経験していて(詳しくはこの記事を→「冥王星あれこれ。冥王星・天王星のスクエアで路線変更と冥王星・金星のコンジャクションで感性爆発。)、当時6年程やっていたジュース屋を辞めましたが、このような大きな変化がありそうな気配がします。

月の分をこじ開けられると整体での気の流れ、チャクラなどもわかってきそうなので、ここ3年が勝負の年になるのでしょう。

てか、私に占って欲しい人とかいますか?

ZOOMとかで占いを商品としてだすか考え中です、値段は1〜1.5時間でとりま6000円。