ネイタル月にトランシット土星がのってダイエット、仕事、病気とか

占星術




現在ネイタルの月にトランシットの土星がのっています。

ネイタル月にトランシット土星が合でダイエット

最近の変化として1日1食ぐらいになりました

朝はコーヒーや粉末緑茶、ほかに体が温めるためにごぼう茶や柿の葉茶などを、昼も基本飲み物でみかんを2つとかリッツのビスケット一袋とか、柿の種6袋入りのを1つを食べたり。

で夕方に野菜と何かを少し食べて終了している。

コンビニで弁当とかを買うこともないので1日の食費は500円以下ではないのか。

31歳ぐらいのときにベジタリアンを1年ほどやったことありますが、現在はなんでも食べる雑食です。

水分が足りないと、それでお腹がすいたと勘違いするそうなので水分補給は重要で、それとコーヒーのカフェインの援護射撃は私には強烈です。

交感神経が刺激されて食欲が一気に吹き飛びます。

二ヶ月ぐらい前に「小型冷蔵庫ダイエットで痩せてみた」という記事を書いていて、体重が65kgから61、62kgになったと書いてますが、現在が58〜59kg。

断食の記事もこのブログで何度か書いてますが、断食すると肌がピチピチになります。

その結果思ったことは、人間は1に吸収、2に吸収、3、4がなくて、5に吸収で食事をとったらとりあえず栄養を吸収しようとします。

そして栄養吸収が終わってやることがなくなったら、しゃーで体のメンテナンスを始めるということ。

だから断食すると1日中体のメンテナンスをやるので肌がピチピチになるし、体が吸収とメンテナンスを同等に見ているなら食い過ぎて栄養過多で肥満になって疾患になるというようなことはないのです。

ストレスがかかると私は過食気味になっていくのだが、混じり気がなく純粋な自分でいれるような感覚がある現在の食事形体を維持したい。

ネイタル月にトランシットの土星は小食にはうってつけの配置で、受容性の月が土星に締め付けを受けつけ訓化されればいいと思う。

7年前のネイタル月にトランシット土星のスクエアで歯がやられた

ちなみに7年前のネイタル月にトランシット土星がスクエアのときは、歯が盛大にやられてしかも痛かった。

タピオカ屋を経営していてスピ系とは無縁の時期で、営業中に歯が痛くなってのたうちまわったことがある。

月は山羊座にあり、山羊座は骨や皮膚、歯なども表すので、トランシットの土星がスクエアのとき歯がやられたのはそのまんまですね。

まあ小学生から猫背、O脚など姿勢がすごく悪かったので、幼少の頃からストレスをためると山羊座の月なので骨が歪んだのでしょう。

当時の歯痛は歯の噛み合わせを調節してもらって症状は消えました。

ネイタル月にトランシット土星がのってニートが仕事にやる気が出てくる

もうひとつ最近思うことは、仕事をしなければということ。

ここ何年かの自分を評する言葉は「ニート」であったのですが、それが最近は働かなければ、社会でポジションをとらねば、結果を出さねばと思い始めてきました。

現在徳島で4ヶ月間の出稼ぎ中で、こっちに来るまでは4ヶ月も休みなく働くなんて信じられん、4ヶ月で1年暮らせるお金貯めたらまたニートになると思っていたのですが、現在はそれがない。

社会でポジションをとる、整体やるぞー、占いカウンセリングやるぞー、と働く気がまんまんあのです。

逆にいうとやはりトランシット土星がネイタル月にのると、盛大に遊ぶぞーという気分は消滅するでしょうから、5ハウス獅子座、牡羊月などの常時遊び人の人には厳しい配置かもしれません。

私は山羊座の月6ハウスなので元々ガチムチ修行系で、ホームポジションが仕事人なのです。

最近の心境の変化は6ハウスのトランシットの三天体、土星、木星、そしてひたひたと月に忍び寄る冥王星。

冥王星がスイッチを入れれば際限なく働くと思うのですが、やはり冥王星なので働くという感じではなく異次元介入が欲しくて、最近の夢の意図は存在さんとつながって人体波動授業をしてもらうです。

冥王星がネイタル水星や月に関わる3年間は存在さんを地上に引き下ろし、波動を認識し、完璧な治療をできりるようになりたいと思う。